旅行やホテル、レンタカーの知識をつけて便利に活用

みんなが楽しく観光を出来る方法

ピックアップ

予行バスで帰省

夜行バスを利用する目的は人それぞれですが、3月での利用といえば帰省での利用が多いでしょう。価格もその他の交通機関よりリーズナブルな価格の場合が多いため、利用客も非常に多いことで有名です。

料金

レンタカーは4人~5人乗りの車であれば、12時間で2,000円~6,000円程度が相場です。ただ、シーズンになると料金が高くなる場合があります。12時間だけではなく、24時間利用できるプランや数日間借りられるプランもあります。

利便性が高いバス

夜行バスの利便性について

現在、多くの夜行バスが運行されており、特に地方出身の学生にとっては帰省の際の重要な交通手段となっています。その最もたる理由としては、電車利用と比べると料金が格安であることと、宿泊料金がかからない点があげられます。夜行バスは深夜出発となり目的地に翌日の早朝に到着するため、バスの中で夜を明かすことになります。そのため、サービス向上で利用客の増加を目指す運航会社の場合には、シート列を4列から3列に減らして圧迫感を減らしたり、リクライニング機能を高めたシートを採用したりする会社もあります。そういったことから、高速バスは以前に比べて快適になり疲れにくくなっているため、料金等の利便性も含め利用者が増えています。

女性の利用客を増やす取り組み

夜行バスの利便性は理解できても、女性にとっては密室といえるバスの中で見知らぬ男性と共に夜を明かすのは勇気がいることです。そんな女性の為にバス会社が行っている対策には様々なものがあり、女性利用者限定での運行を行うバス会社も現れました。また、各シートをカーテンで仕切ってしまうことでプライバシーを保てるように配慮した車両を投入したり、乾燥対策のパックやクリーム等のアメニティを配布するなど、様々な工夫を凝らして女性客の支持を得ようと努力しています。さらに、全ての利用客の為に、航空機のように各シートにビデオ等が楽しめるメディア機器を搭載した車両を運行しているバス会社も存在しています。このような様々な工夫を凝らすことで、女性のみならず今まで利用していた男性客にもより支持を受ける存在となることが、今後の夜行バス運行会社にとっては必要な取り組みだと思います。

車離れ

都会に住んでいる若い人たちは、公共交通機関が発達したことで、車に乗る人が少なくなっています。そのような時代になったため、レンタカー会社も様々なサービスを展開しています。

オススメリンク

Copyright© 2015 旅行やホテル、レンタカーの知識をつけて便利に活用All Rights Reserved.